毎年テレビのニュースなどで報道されている『いじめ問題』


毎年報道されていても、一向にいじめのニュースが減りませんね!

そんないじめ問題には、一般人や専門家だけでなく、
多くの芸能人やタレントの方もコメントしています。

例えばこの人。

百獣の王 武井壮さんです!

スポーツ選手やタレントで活躍している武井さんは
いじめに対しての持論をこのように話しています。

「お前らどんな人間になりてえんだ?」

こんな小学生の学活の時間に出されそうな質問ですが、
大人になると深く心に刺さる一言ですね!

このようにいじめ問題に対して素晴らしい持論を持った武井さん。

武井さんはTwitterだけでなくテレビでも、
その素晴らしい持論を披露していました。

2017年2月6日に放送されたテレビ番組

『好きか嫌いか言う時間』に出演した武井さん。

そこではいじめ問題について白熱した議論がされていたそうです。

その議論の途中、
とある塾講師がこのような発言をします。

出典:
そもそも、いじめって教員が解決しなければならないものですか?

教師はそんな簡単な仕事ではない。多くの生徒を見ている教師は、現実的に考えるといじめに気づけない場合もある。

いじめの原因はほとんどの場合、家庭環境にあるのでは。

確かに、こういう考え方もあります。

しかし、塾講師がこの話をしても会場の空気は変わりません。

そんな中、武井さんは塾講師の意見に同意して、
武井さんの考えを語ったのですが・・・

どうやら武井さんの考え方が凄すぎて、
思わず誰もが賛同してしまったそうです。

いじめに対する武井さんの考えは次のページへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。