とある1組のカップルの結婚式でのこと…

一見普通の結婚式に見えるブラジルのサンパウロ市内であげられた結婚式。

幸せの門出となるこの日は、感動が2倍になった素敵な日でもありました。

家族や友人たちが見守る中、
そこにはディオーゴ・ボラントさん(37歳)とニコール・ド・スーザさん(27歳)の2人が
幸せな結婚式を挙げていました。

そこにはニコールさんの6歳になる娘イザドラちゃんの姿も。

ディオーゴさんとニコールさんの間にどんな交際期間があったのかわ分かりませんが、
イザドラちゃんにとってディオーゴさんは新しいパパになる人でした。

この結婚式の日が3人が家族になる日でした。

いよいよ結婚式は指輪交換へ

挙式はいよいよディオーゴさんとニコールさんの指輪交換となりました。

その時、突然ディオーゴさんがニコールさんの隣に立つイザドラちゃんの前に
目線を合わせるために膝をつけたのです。

そして、指輪をイザドラちゃんの小さな手に嵌めると、
驚くイザドラちゃんにこう言ったのです。

「一生僕の娘でいてくれますか?」

その言葉をディオーゴさんから聞いたイザドラちゃん、
彼女に一切の迷いはなく「うん!」と言って新しいパパに抱きつきました。

最高に幸せな日になったイザドラちゃん、
彼女は嬉しさのあまり涙を流しました。

その心温まる光景を目にしたゲストたちも涙腺が緩んだのです。

6歳のイザドラちゃんにも敬意を示すディオーゴさん素敵です!!

子供とって「新しいお父さん」という存在は
たった6歳のイザドラちゃんにとってとても複雑だったと思います。

しかし、やはり「父親」存在は大きなもの。

そんな幼い子供の気持ちをちゃんとリスペクトして、
ディオーゴさんは儀式が完結する前に
イザドラちゃんの気持ちをなんとも粋な方法で確認したのです。

ディオーゴさんは、この素敵な演出をずっと心で温めていたのだと語りました。

「イザドラは僕とニコールの結婚を望んでいたんです。そんな彼女に何か特別なことをしてあげたいと思ってこのサプライズを考えていました」

これを妻になるニコールさん相談するとも快諾してくれました。

そんな素敵な結婚式の様子をご覧ください。

続きは次のページ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。