これはスウェーデンのLarssonさんという女性が試したもの。

彼女には4歳の娘ちゃんがいました。

娘ちゃんは他の子供と同様、お菓子が大好きでした。

しかし、娘がお菓子をた寝ているのを見てふと「お菓子をあげなかったらどうなるのかしら」と思ったそう。

そこでお菓子を与えるのは止め、砂糖もなるべく取らせない様にしたそうです。

最初はお菓子を欲しいと泣きじゃくりましたが、2週間ほどたったある時、その変化が見られたそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。