日本の昔からあるおとぎ話『浦島太郎』

出典:
漁師の浦島太郎は、子供達が亀をいじめているところに遭遇する。

浦島太郎が亀を助けると、亀は礼として太郎を海の中の竜宮城に招く。

竜宮城では乙姫が太郎を歓待する。

しばらくして太郎が帰る意思を伝えると、乙姫は「決して開けてはならない」と言って玉手箱を渡す。

太郎が亀に連れられ浜に帰ると、太郎が知っている人は誰もいない。

太郎が玉手箱を開けると、中から煙が発生し、煙を浴びた太郎は老人の姿に変化する。

浦島太郎が竜宮城で過ごした日々は数日だったが、地上では随分長い年月が経っていた。

浦島太郎の話は多くあるみたいですが、一般的なストーリーはこれです。

副業で漫画家をしている『すがぬまたつやさん』が浦島太郎を4コマ漫画にしたのですが、「浦島太郎ってこんな話だっけ??」「ボケが多すぎるwww」などツッコミどころ満載の結末だそうです(笑)

続きはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。