ゴルフ界の帝王『ジャック・ニクラス』をご存じだろうか??
ジャック・ニクラウスは1960年代〜1970年代にかけて大活躍したゴルフ界のスーパースター。
圧倒的な強さと、トレードマークの金髪により「ゴールデン・ベア」 (熊) と称され、日本では「帝王」と呼ばれ、とにかく史上最高のゴルファー。

サッカーで言うと「ペレ」や「ジーコ」 F1の「アイルトン・セナ」 バスケだったら「マイケル・ジョーダン」。。。
つまりゴルフ界の「神様」である。

通算113勝を積み上げ、ジャック・ニクラウスの上げたメジャー通算18勝は、いまだ破られることのない記録として称賛されています。

jack

さて、そんなジャックが日本にコッソリ来日していたという衝撃の事実が発覚した!!

本来であればテレビ等のメディアで報じられるはずレベルの人物なのだが。。。
その事実を知ったのは、偶然見つけたfacebook上の投稿。



 

ゴルフをかじった事がある人間であれば、これがどれだけ興味深い投稿かをご理解いただけるはずだ。

こっそり訪れていたのは「三浦技研」。
三浦技研といえば、世界に誇る鍛鉄技術を擁する国内最高峰ゴルフメーカーであり、現会長の三浦勝弘氏は『神の手』と称され、世界中にmiuraファンが存在する。

kaminote

そんな三浦技研に帝王が何故来ていたのか???
現時点ではその真相は明かせないそうです。

今後の三浦技研の動向に要注目ですね。

参考:三浦技研

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。