本日twitter上でおもさん(‏@omo_203)が投稿されたツイートが12000以上リツイートされプチ話題となっています。

投稿された内容はamazonで販売されている【対ライフル用防弾シールド】のレビューをキャプチャした画像。
実はこの「対ライフル用防弾シールド」は以前にも話題となったことがあり、レビュー欄が少し大変なことになっているのです。。。

実際に購入していないだろう投稿が多いため、信憑性は??だが。
この中に本物のレビューが紛れていたらと考えると…..

カスタマーレビューは現時点で134件!
商品の特性、値段(¥650,000)を考えると、あり得ないレビュー数ですよね(^▽^;)

※ここでもいくつかピックアップして引用紹介しておきますが、くれぐれも悪戯レビューはやめましょう。

思い切って購入してみては

投稿者 菊水☆紋太郎 feat.DNTR 投稿日 2011/9/28

私は嫁との喧嘩が多く、また、男として女性に手を挙げるわけにはいかないので防御を目的として購入しました。大変高価な物なので多少迷いはありましたが、後悔は全くありません。この商品を買ったおかげで妻との喧嘩の頻度が増えましたが、使用機会が増えた事に個人的には大満足です。

料理人はぜひ購入するべき

投稿者 料理人 投稿日 2013/3/31

レビュー対象商品: 対ライフル用防弾シールド (ホーム&キッチン)
私はコックなのですが、中華鍋での調理中に油の飛び跳ねによる火傷に長年悩まされてきました。そんな時知ったのがこの商品でした。実は2100円のエプロンとどっちを買うか迷っていたんですが、まあ値段も647900円しか違わないので、こちらを購入。結果、最初こそ違和感がありましたが、慣れてしまうと快適、快適!
料理がますます好きになりました。

さっそくデコっちゃいました☆

投稿者 ぐれみーとと 投稿日 2012/11/20

我が家にやってきた念願の防弾シールド♪

さっそく、手持ちのストーンでデコることにしましたo(^-^)o

旦那と息子わ重くなるとか生存性が下がるとかゆうんですが、

わたしわとーぜん見た目&フィーリングをゆーせんです!ヽ(^_^)ノ

メインのストーンを200個ほど置いたら、

あとわスワロフスキーで隙間までキラッキラにしました(>_☆)!!

見た人はみんなすごいねってゆってくれます♪

次わ息子のシールドを青系の石でデコってあげる予定です♪

2012年11月20日追記
この評価を記入した母は、一週間前に群馬との県境で
戦死いたしました。デコレーションで重量が増したシールドを
携帯していたため、他の茨城県民の行軍から遅れ、孤立した
ところを群馬県民に狙われたようです。
もっと強くデコレーションをやめさせておけばと、後悔にさい
なまれる日々です。
このレビューを読まれている方々は、母の教訓を生かしていた
だくことを切に望みます。

命は金より重いです

投稿者 YAKURI 投稿日 2011/2/28

仕事柄、これがなかったら生きていけません。
非常に扱いやすく、その上防弾性能もばっちりです!
最近のこの世の中、頭や胸を涼しくしたくなければ是非購入することをお勧めします。

ただし、携帯性はあまりないので通勤時装備して行くには少々扱いづらいですね。
逆に一目を引くこと間違いなしです。

ぐっど

投稿者 合志崇之 投稿日 2014/8/30

よく利用してます!銭湯の女湯に覗きにいくときに、すごく活躍してくれます!石鹸やらシャンプーボトルやらがとんできますが、ちゃんとガードしてくれます。ちょっとした、戦闘がおこってしまいますが(笑)銭湯だけに。
あと、傘としても、大変有効です、
雨でも槍でもはじきます

【重要】※※※必ずお読みください※※※【重要】

投稿者 xepher – 投稿日 2013/10/29

グンマーへ持っていくという意見を多数見ますが、レビューを信じて大きな勘違いをされているようですので死にたくなければ最後までお読みください。

2chに目をつけられたらしく購入してない人の架空レビューも数多く書かれています。開発会社のページで性能を調べ自身で判断してください。

レビューを信じて親をなくされた方も見えます。冗談ではすみません。ご冥福をお祈りします。

超高強力ポリエチレン繊維ダイニーマは非常に高い耐衝撃性を持ち、これはポリカーボネートを上回ります。
防弾に用いられるのですが、加工の際の圧力により低圧パネルと高圧パネルに分類され、低圧パネルは主に防弾ベスト等に使用されます。ケブラーに比べ1.5倍の引張強度があるため近年はダイマーニ繊維を使ったものが多く選ばれます。
しかし、マルチヒット(連続被弾)に弱く被弾すると、弾丸の衝撃で被弾部周辺がダレ(軟弱化・繊維がほぐれる)る現象が起き、更にそのダメージの近くに次弾を受けると容易に貫通します。
最初から多量に弾を受けることを想定とした防弾ベストの使用は控えましょう。

そしてこちらの商品は高圧パネルに属します。特殊な温度制御式超高圧プレス機で圧着するため、硬度の高いプラスチックの板状となる。全体が硬いため、着弾の衝撃によるパネルのダレ(軟弱化)の発生がきわめて少ない。
このようなARTEX 繊維系防弾パネルは、NIJ-3/EN-B6ライフル通常弾(FMJ)の防弾が実用上の限界です。
NIJ-4/EN-B7 ライフル・軽機関銃で発射される「徹甲弾」を停弾する能力はありません。
NATO M61(7.62X51mm AP) 、旧共産圏軍で使用される、カラシニコフ AK-47AP (7.62X39BZ)、Dragnov AP(7.62x54mm R BZ)等の徹甲弾及び徹甲焼夷弾。
これらの徹甲弾を停弾させるには、セラミックや特殊鋼等を使ったコンポジット素材が必要となります。
敵勢力の武器を事前に調査した上での使用が望まれます。

つまりグンマーの82.4%が所持しているトカレフやカラシニコフの7.62mm弾は防ぐことができないのです。バーレットやM2の12.7mmなんてもってのほかです!

しかし通常のNATO 5.56x45mmや9mmなどには信頼できる性能を発揮しますのでお勧めできる商品です。

星をひとつ減らしたのは届いた商品の防弾ガラスを留めてあるボルトが緩んでいました。返品すると現地入りに間に合わないため自分で直しネジロック材を使用しました。
値段が高く命に係わる商品ですので出荷前にチェックをしてもらいたいものです。

それでは皆さんの検討を祈ります。

Good luck…

過信は禁物です

投稿者 sukekiyo 投稿日 2012/8/17

先日モヒカンに襲われた際には見事に斧とボーガンを防いでくれました。
でも私の知人は大男の乗った黒い馬に盾ごと踏みつぶされてました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。