「ダノンネーションズカップ」は、10歳から12歳までの小学生年代である少年・少女が出場する「FIFA公認のU-12世界一を決める国際サッカー大会」です。

11日16日、ブラジル・サンパウロで行われた決勝戦。
日本代表の横河武蔵野ジュニアは決勝相手パラグアイを1-0と快勝!!日本勢初の優勝を手にした。

この大会は毎年開催される世界大会であり、それぞれの国内大会を勝ち上がった世界32カ国の各国代表チームが一堂に会して、U-12年代の世界一チームを決める同カテゴリーでは世界最大の大会だ。
大会の大会アンバサダーである「ジネディーヌ・ジダン」も

「ダノンネーションズカップに参加した全ての国の参加者におめでとうと言いたい。優勝した日本は見事だった!」

と自身のinstagramにも子供達を称賛するメッセージを投稿。世界中から日本を称えるコメントが続々と寄せられている。

Congratulations Japan for this #DNC2014 victory!!

Danone Nations Cupさん(@danonenationscup)が投稿した写真 –

Congrats #TeamJapan and congrats to all the players and people involved. This #DNC2014 in Brazil was amazing!

Danone Nations Cupさん(@danonenationscup)が投稿した写真 –

海外サッカーファンの声

→アイルランドチームの子の話によれば、日本は『本物』で優勝は妥当だってさ お見事!

→すごくね?
かつてコリンチャンスは日本で王者になった
そして今、日本がアレーナ・コリンチャンスで王者になった!

→最強チームが優勝したね(´∀`)

→素晴らしいチームだったよ!

→日本代表チームはずっと見事な決意と戦術的ポジショニングを見せてたね。この子達の未来は明るいよ!

→やったな日本!去年の大会を見たけど、日本チームがベストだと思ってた。遂に相応しいタイトルをゲットしたね!

→日本はスタミナあったなぁ

→おめでとう日本 見事なパフォーマンスだった

→日本チームおみごと

→日本の子供たち、おめでとう!



こちらはファイナルの動画です。
出典:youtube

なお福崎選手は7得点で大会得点王!!
大会を通じ7戦6勝1分け、17得点1失点という圧倒的な成績での優勝に、戸田智史監督は「選手が普段通りの力を発揮してくれたのが大きかった」と話している。

世界中で称賛の声があがる一方で、日本国内ではメディアがあまり取り上げず残念に思います。
よろしければ当記事をシェアいただき、快挙を成し遂げた「日本代表世界一」周知の一助になりましたら幸いです。

改めて横河武蔵野ジュニアのみなさん、本当におめでとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。