このステッカーの意味を多くの方は、

「赤ちゃんが乗ってるから、車間をあけて事故起こさないように気を付けましょう。」

という意味で、『初心者マーク』と同じような感覚で

「赤ちゃんが産まれたら貼るステッカー。」

という認識の方が多いのではないでしょうか??

しかし、この赤ちゃんマークには隠れた悲しき秘話があったのです。

80年代のアメリカで高速道路を
運転している女性が事故をおこしてしまう

女性は重体となり3日ほど
意識が戻らなかった。

そしてなんとか意識を取り戻して
最初に発した言葉は

「私の赤ちゃんはどこ?」

であった。

しかし医者は女性に子供が
いたとは認識しておらず
すぐさま警察に確認の電話をした。

警察もその存在を確認して
いなかったので、あわてて
事故車両の中を探すと
後部座席の下ですでに
冷たくなっている
赤ちゃんを発見する。

赤ちゃんには目立った外傷もなく
母親と同時に発見されていれば
助かったであろう命だったそうだ。

この事故の教訓を踏まえ、あのステッカーは開発された。

そう、あのステッカーの本当の意味は、、、、

「事故車両の中に赤ちゃんがいます。
 一番に助けてください」

という意味が込められていたのです。

つまり、事故の際『真っ先に助けてください!』のサインであり、
事故の場に居合わせた方に赤ちゃんの存在をアピールする目印。

大切な命が失われないために、このステッカーがあったのです。

このようなステッカーの真意を考えると、後続車に見えるように貼るよりも、
緊急時の事を考え、運転席近くに貼るのが正しいと言われております。
もし、現在リアウィンドウに貼っていたら、一枚追加したほうが良いかもしれませんね。

もちろん安全運転で事故をおこさないのが一番です。
しかし万が一への備えとしては、知っておきたい大事な知識だと感じました。



ちなみに海外では『BABY ON BOARD』と記されていますが、
日本では、より瞬時に理解しやすいよう『BABY IN CAR』という英語的には少しおかしい表記に変える。
という工夫も施されているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。