イチロー登板

2015年10月4日メジャーリーグで新たな伝説が生まれました!!

シーズン最終戦となる対フィラデルフィア・フィリーズ戦の8回、2-6の状況からイチロー選手が初登板。
打者人に対し18球を投げ、2安打1失点、最速は89マイル(143キロ)。試合は2-7でマーリンズが負けてしまいました。

・2015年のメジャーリーグで最高の瞬間はこれだな。いや、野球の歴史の全体で見ても最高だ。
・めちゃくちゃカッコいいな。
・これでイチローが殿堂入りするのも確実だな。
・野球のアニメみたいだな。
・これは生で見たかった。
・イチロー選手がシアトル・マリナーズにいるとき、彼がピッチャーとしてマウンドに立つところを見たいと思ってた。
・イチローって高校のときも投げてたし、日本のオールスターでも投げてるんだよな。
・普通に投手としてもいけそうだな。たまに始球式よりも酷い野手がいるけど。
・こんな素晴らしいものを見られるなんて、生きててよかった。

と世界中で大絶賛!!!

「とにかくストライクを投げること、あとはテンポ。(後ろで)守ってて嫌なテンポってあるから。その2つだけはきっちり守らなきゃって」、
「見方によっては相手に失礼という捉え方もできますからマウンドにいる間は相手に対して笑ってはいけない」。

 登板するにあたって自身に課した“ルール”。

イチローは「全部、消去法ですね。これはしてはいけない、あれはしてはいけない、ということでやっていく。リスク回避の考え方ですね」と説明した。

試合後のイチローは開口一番、
「2度とピッチャーの悪口は言わないって誓いました」。
ジェニングス監督には以前から投手起用の可能性を伝えられていたが、
「今日は最後だし、4点ビハインドでしたから僕の方から声を掛けた」
と“志願登板”だったことを明かした。

【日本人選手情報】マーリンズのイチロー外野手は8回から4番手投手としてメジャー初登板。1回を2安打、無四球、1失点の内容だった。最速は89マイル(約143キロ)です。

Posted by MLB Japan on 2015年10月4日

出典:https://youtu.be/Eso9DWlxvqc

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。