『考えなくても未来はやってくるかね』アルベルト・アインシュタインが残した14の人生の教訓。

アルベルト・アインシュタイン(1879年~1955年)

ドイツ生まれのユダヤ人理論物理学者。

米国TIME誌のパーソン・オブ・ザ・センチュリー(20世紀の人)に選出される。

相対性理論などを提唱し、現代物理学の父と称される。

幼少の頃は、数学に関しては突出した才能を示したが、

言葉を理解したり、話したりすることは苦手だった。

1922年の訪日の途中にノーベル物理学賞を受賞。

おとなしく、生真面目な性格であり、

自身を天才であるとはいささかも思っていなかったという。

アルベルト・アインシュタインは、

科学の発展に貢献しただけでなく、

多くの人々に影響を与える数々の人生の教訓を残しています。

今回は、私生活、仕事、あらゆることに通ずる

「アインシュタインの教え」をご紹介します。
  
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。