水木しげる

2015年11月30日、93歳で急逝された漫画家の水木しげるさん。
独特な言動で出会う人を幸な気分に導いてきました。

そんな水木さんが、著書『水木サンの幸福論』のなかで、
「何十年にもわたって世界中の幸福な人、不幸な人を観察してきた体験から見つけ出した、幸せになるための知恵」
を七か条にまとめて後世に伝授しておりました。

太平洋戦争を体験し、ニューギニア戦線・ラバウルで爆撃を受けて左腕を失った水木しげるさん。
死に直面したことで初めて、幸せについて深く考えるきっかけとなったようです。

後世に残すよう、長年考えぬいた言葉。
水木しげるさんがご自身で導き出された結論が以下の7箇条でした…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。