事故

交通事故に巻き込まれると、先に被害者の方が反射的に「すみません」と謝ってしまう事、ありますよね。

子供の場合だと、「自分が悪いことをしてしまった。怒られちゃう…」と、そのまま逃げるように立ち去ってしまう場合もあるとの事。
そんな風潮に対し、看護婦さんから聞いたという『交通事故に遭ったときに絶対にしてはいけないこと』が話題となりました。

事故に遭った瞬間は、その時の混乱と緊張感で気が動転し、「痛み」を感じないことがあります。

気持ちが落ち着いてはじめてケガや打撲をしている事に気づくパターンも!
なので素人判断で「大丈夫」と思わずに、まずは病院へ行くべきです。
もしも事故に遭ってしまったら、病院に行く他にも…

・警察に連絡
・加害者の情報や車両のナンバーを確認
・目撃者の確保

という対応が必要です。

重傷を負ってしまった場合は自身でこのような対応をするのは無理でしょう。

しかし軽傷だった場合、自己判断で大丈夫だと侮らずに自分の身体と今後の事を第一に考えて、きちんとしかるべき対応をしましょう。
症状が数日後に出たり、その事故の影響で後日なんらかの不調が現れる場合もあるのです!

交通事故に巻き込まれてしまった場合、「どうすればいいのか?」と迷ってしまうことのないように、必要な対応はきちんと頭に入れておきましょう。

1 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。