男と女

昔はあんなに紳士然としていたのに、最近では彼の態度がすっかりふてぶてしくなってきて……
あまりの無神経ぶりにイラッとさせられることはありませんか?

「もしや、私って“女扱い”されていないのでは?」と自信を失いそうになりますが、彼があなたを苛立たせるようなことをするのは、それだけふたりの心理的距離が縮まっている証なのかも。

というのも、恋愛・結婚・人間関係コンサルタントの方の話しんによれば、どうやら男性には親密な相手にしか見せない“みっともない自然体の姿”というものがあるようなのです。

そこで、今回は、“男性が本当に心を許した相手にしかしない変な愛情表現”5つをお届けしたいと思います。

1:名前の呼び捨てや、からかうようなあだ名をつける

初々しい時代には、“~ちゃん”って優しく呼んでくれたのに、近頃では「おい、~」と呼び捨て。それならまだしも、“E.T.(頭が大きいから)”、“ほんこん(すっぴんが似ているから)”など、あなたをからかうようなあだ名を次々とつけては独りで喜んでいる彼氏……。

女性にとってものすごく傷つきますが、男性は愛しい相手ほどイジリたくなって、そのような悪ふざけをしてしまうのだそうです。要は、好きな女の子に「ブス!」と言って反応を見たがる小学生男子と精神構造が同じだといっていいでしょう。

2:彼女の二の腕やお腹をつまむ

「お、焼いたらうまそう」「たぷたぷ~」など言いながら、恋人の二の腕やお腹の肉をつまみたがる男性ってよくいますよね。

「コンプレックス刺激しないでよっ!」と彼を蹴飛ばしたくなりますが、こうした戯れも彼なりの愛情と親近感の表れ。男性の好むスキンシップなのだそうです。


1 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。