5歳の少年が自分の誕生日に語った、辛い言葉.......「お母さん、お願い、僕を死なせてよ。」4

自分ではどうしようもない程の痛み、家族もできる事なら救ってあげた

私が変わってあげたい。そんな病に苦しむ少年がいます

少年はあまりの痛みと辛さに母親に「お母さん、お願い、僕を死なせてよ。」と語ります

その言葉に隠された意味。

最後までご覧ください。

少年の病とは

イギリスのサリー州に住むモーガン・ビショップ君は生後4カ月からかなり酷いアトピー性皮膚炎を患ってきた。

4カ月の時から、全身を痒みと痛みに悩まされてきたモーガン君は、

足のかかとと膝の後ろ側の皮膚がひび割れた状態になってしまっているために、ほとんど歩く事ができません。

そして夜も痛みと痒みで眠れない日が続いてしまっています。

5歳の少年が自分の誕生日に語った、辛い言葉.......「お母さん、お願い、僕を死なせてよ。」1

学校では鉛筆を握ると、皮膚が痒くなりその痒みは全身に広がってしまいます。

学校の後、友達と遊びたいと願うモーガンだが、3歩歩くとかかとの割れた痛みで歩けなくなってしまう。

普段は電動のスクーターに乗っているモーガン。

遊びたい盛りなのに重度の皮膚炎のせいで思い切り体も動かせない状況。

全てを我慢しているのです

5歳の少年が自分の誕生日に語った、辛い言葉.......「お母さん、お願い、僕を死なせてよ。」2

ネフローゼ症候群、そして20以上ものアレルギーを持つモーガン君。

食事のさえ制限されています。

モーガンは、玉子、ナッツ類、乳製品、いも類、大豆製品、米などのアレルギーなのだ。

ネフローゼ症候群とは

上記の主症状以外にも、強度の全身倦怠感、皮膚の蒼白化や無気力、食欲不振、腹水・胸水等をみる。

タンパクを尿中に排泄してしまう濾過障害の原因は、主に、腎臓の糸球体にあり、この部位に何らかの原因で、

透過性が亢進することによって、本症を惹起すると考えられている。

主に、アルブミンなどの血中タンパクが排泄されるため、血中タンパクが減少し、血漿膠質浸透圧が低下する。

このため、全身に浮腫を形成する傾向が現れる。

また、尿中タンパクが増大するため、尿の浸透圧が増大し、尿細管における水の再吸収が抑制され、一過性に利尿傾向となる。

なお、この遺失タンパク分を肝臓が補完しようとするため、肝臓が、アルブミンの合成を開始するが、

同時にLDLのようなコレステロール運搬タンパクも合成してしまうため、本症のような腎臓疾患の罹患者では、

高頻度に脂質異常症の状態をみることがある。

長期の利尿期間を経て、腎臓の病態が改善されず、高度に腎不全の状態を呈し始める時期には、乏尿となる。

5歳の少年が自分の誕生日に語った、辛い言葉.......「お母さん、お願い、僕を死なせてよ。」3

母のダナさんは語ります。

「重度の皮膚炎になったことで、モーガンの個性の一部を失いました。」

ダナさんはモーガンのケアのために仕事を辞めました。


1 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。