一見上品そうで「実は育ちが悪そうな」芸能人BEST5!3位は前田敦子がランクイン。

「私、お嬢様育ちなの」という人と食事や会話をしてみたら、「えっ、お嬢様なら、それはしない(言わない)でしょ!」と密かに心の中で突っ込んだ経験、ありませんか?

“育ちが良い”と聞いて、抱くイメージは人それぞれですが、いずれにしても、“育ちが悪いな”と思われても平気な人はあまりいないですよね。

『WooRis』の過去記事「2位汚い食べ方にドン引き…“育ちが悪い”認定される人の特徴、圧倒的1位は?」では、“育ちを疑われてしまう”行動についてお伝えしましたが、今回は、その芸能人編です。
『WooRis』が男女500名に「一見品が良さそうだけど、実は育ちが悪そうな芸能人」に関する調査を実施した結果、残念な人達が続々ランクイン。

今回は、それをもとに、筆者周辺の様々な職種の知人達の意見も併せて、ランキングでお伝えします。

■5位:北川景子

「箸の持ち方、特に食べ方が酷い。食べる姿を番組で見てガッカリ。品は、食事の仕方に滲み出るというけれど、本当にそう感じた」
北川さんといえば、結婚後は特に、世間的に好感度が高めな印象ですが、”食べ方にガッカリした”という声が多数。数年かけて”食べ方を直した”という見方もありますが、やはり最初の印象が強烈過ぎたようで、未だに”食べ方が下品”という見方が強いのかもしれません。
綺麗な人が“食べ方”が汚いと余計にそこが際立ち、マイナス印象が強まるという事もあります。外見に気を配るだけでなく、基本的な作法はしっかりとマスターしておきましょう。仕草が綺麗だと、それだけでグッと美人度がアップしますよ!

■4位:広末涼子

「凄くしたたかそうなのが、顔に出ている。タバコを吸う噂もあるし」
4位の広末さんは、透明感のあるイメージですが、それでいながら、「恋多き女性のイメージも強く、清潔感のある雰囲気を演じているだけにしか見えない」という声も複数ありました。
やはり、”女性のしたたかそうな雰囲気”にNGを突きつける声が多いようです。

■3位:前田敦子

「大御所にもきちんとした挨拶が出来ないという話を何度か聞いた事がある。ちゃんとした家の子なら、言うまでもなく、挨拶は基本中の基本」
「AKB卒業後の女優活動は、話題になっていない印象。最近はSexy系のドラマに出ているようだが、今後は、もうそちらの方向性しかないんじゃないか? 彼女から品性を感じた事はない」
残念な3位に入ってしまったのは、前田さん。これまでの素行からマイナス評価を受けているようです。上記にもあるように、やはり”挨拶”・”礼儀”など、基本的なマナーが出来ていないのは”育ちの悪さ”と見る人が多い模様です。


1 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。