「このメールを受け取った人は私の大切な人です。あなたも本当に好きな人20人に回してください。回さないと友達や恋人が離れていきます」という、友情を盾に取り、不幸の手紙の要素を持つ形式が主流です。

この「友情リレー」と呼ばれるチェーンメールは、本当に友人がいなくなると信じて回す子と、真実を知っている子の間でいさかいになることもあります。

また、「バトン」も盛んに回されます。バトンとは、質問がテンプレートになっているもので、自己紹介タイプ、友達の紹介文タイプ、恋愛に関するタイプなどがあります。

答える人を指名したり、見た人は強制的に答える義務を負ったりと、さまざまです。とにかく質問数が多く、100問のロングバトンも珍しくありません。

バトンというとmixiではやった印象がありますが、「スマホにあるいちばん古い画像を張る」という質問は、LINE時代ならではでしょう。

友情の証しを得るために「ブロック大会」開催

「LINEが重くなってきたから」「友達整理したいから」などの理由で行うのが「ブロック大会」です。

「大会」といっても開催するのは本人ひとりだけ。

タイムラインで「ブロック大会します!」と高らかに宣言すると、ブロックされたくない友達は指定のスタンプを打ったり、コメントを入れたりします。
とはいえ、反応しなかった友達でも、リアルで仲良しならブロックしないなど、あまり厳密ではありません。

要するに、ブロック大会をすることで「私たち、お互いに友情を感じているよね?」という確認を取りたいのです。
しかし、それは子供同士でも周知の事実なので、あまり頻繁に行うと「あの子、かまちょでうざいよねー」と批判を浴びることもあります。

そして最近では、ブロック大会の終了宣言もしっかり行われます。

「ブロック大会終了! この画像が見えている人はブロックされていません」という画像が投稿されたら、終了の合図です。

そして、その投稿を見た友達から、次々に御礼のコメントが。

D子「ブロッコリーされてない! あざす!」

通訳します。

D子「ブロックされてませんね! ありがとうございます!」

鈴木 朋子 :ITライター

元記事:東洋通信

1 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。