武井壮「僕は中学・高校は6年間ずっと学年トップ!学費は1円も払わず、100万円ぐらいもらって通っていた」

アスリートタレントの武井壮が8日放送のテレビ朝日系バラエティー『あいつ今何してる?』2時間スペシャルに出演。

「僕は中学・高校は6年間ずっと中間・期末テスト、全部学年トップだったんですよ」と軽く自慢。しかも「6年間通って学費は1円も払わず、100万円ぐらいもらって通っていた」と驚きの事実を明らかにした。

「うちの学校は成績がトップだと学費も入学金も全部タダになるんですよ。しかも1番だと月に1万何千円か、学校から教科書代みたいな、参考書代みたいな奨学金がもらえるんです」。

大学時代、十種競技の日本選手権で優勝する実力者だったことはよく知られているが、本格的に陸上を始めたのは神戸学院大学に進学してから。

東京のスポーツ強豪校・私立修徳中学・高校時代の意外な“武勇伝”に、MCのネプチューンも「えーっ」とびっくり。原田泰造は15歳当時の武井の写真を指さして「この感じで?」と目を丸くしていた。



また、番組では武井が陸上を始めるきっかけをつくった友人が“今何してる”かを紹介。その友人は中学時代に100メートルを10秒台で走っていた陸上界のエリート。その彼がスポーツテストで抜群の成績を出す武井を見て、陸上部に誘ったという。

大学では野球かアメリカンフットボールか柔道をやろうと思っていた武井は、彼の一言で陸上部に入部。いきなりの100メートル走のデビュー戦で友人のベストタイムと同じ10秒9を叩きだした。武井の持つ十種競技の100メートル10秒54はいまも破られていない日本記録となっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。