ジャニーズ事務所に反旗を翻したSMAPの元マネジャーのI氏に追随した中居正広(43)、稲垣吾郎(42)、草彅剛(41)、香取慎吾(39)は、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)内で、木村に促される形で謝罪する羽目になった。

「独立話を潰した上に、公の場で謝罪させたことで、メリー喜多川副社長は上機嫌だった。その娘の藤島ジュリー副社長も、天敵だったI氏を追い出すことに成功し、同じく上機嫌だった」(ワイドショー関係者)

またI氏を見捨て、メリー副社長とジュリー副社長に付いた木村も、前出のワイドショー関係者によると「ジャニーズの幹部コース間違いなし」とまで言われるようになった。だが、ジャニーズ事務所に誤算が生じていた。

「SMAPファンのみならず、ジャニーズファンの中で、メリーさん、ジュリーさん、そして木村さんへの反発が一気に強まってしまった。非難の声はあまりにも強く、無視できないところまできている

さすがにジャニーズも世論を気にせざるをえなくなっている」(ジャニーズ事情通)
その木村のイメージアップの一環として行われたのが、熊本地震の被災地での炊き出しだ。石原プロモーション主催の炊き出しに、木村は『TOKIO』の長瀬智也、『V6』の岡田准一と共に参加した。

「地震発生直後から、中居はジャニーズ事務所の了承を得ずに被災地でボランティアを行い、その後も何度か訪れている。これに対抗するため、ジャニーズ事務所が石原軍団に頼んで、木村や各グループのリーダー格を連れて行ったのです。だが、このジャニーズ事務所の意図は完全に見透かされてしまい、イメージアップどころか焦りを表面化させただけに終わった」(芸能事務所関係者)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。