12月10日三重県の四日市市で80歳の高齢者の運転する車が民家に衝突し炎上!!!

出典:消防車11台が出動し、火は約50分後に消し止められましたが、この火事で軽乗用車と木造2階建て住宅の1階、あわせておよそ30平方メートルが燃えました。住宅には62歳の男性が1人で暮らしていたとみられていますが、事故当時は留守で、運転していた男性にもけがはありませんでした。
 男性は「アクセルとブレーキを踏み間違えた」と話しているということで、警察が事故の詳しい原因を調べています。

最近お年寄りの交通事故が多発していますよね・・・

先日は、福岡県で病院にタクシーが突っ込んだり、
コンビニやスーパー、通学中の子供達の列になど
今年の高齢者の交通事故の例をあげたらきりがありません。

高齢ドライバーの死亡事故の主な原因

1:アクセルとブレーキの踏み間違い
2:運転操作ミス
3:漫然運転
4:安全不確認

この4つが大半なのだそうです。

警視庁の発表によると、

全国で65歳以上の免許保有者の数は約1700万人と言われ、
相次ぐ事故の影響からか、昨年約27万人の人が免許証を
返納しました。

また、昨年は75歳以上の約163万人が免許更新時に
『認知機能検査』を受け、約5万4千人が『記憶力、判断力が低い』
と判断され免許更新ができなかったのだそうです。

今後ますますの高齢化を受け、このような事故は
多発していく危険性があります。

先日、あるおじいちゃんがフラフラ運転をしていたことろ
前後をパトカーに挟まれ道路の端に寄せているのを
目撃しました。

様子を見てみると、「危ないので」という理由で
止められたそうです。

その場で免許証を返納しパトカーで送ってもらっていました。

高齢者のフラフラ運転は本当に怖い!!

こちらの動画には、高齢者のフラフラ運転の様子が
撮影されています。

もし自分の眼の前にこんな車が走行こうしいたら・・・?

交通事故で亡くなってしまう前に
ご家族の方が運転を止めるように
お伝えして欲しいですね。

動画は次のページです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。