あの超有名な映画が現実に!?

Facebookの最高経営責任者のバーク・ザッカーバーグさんが
自身のページで発表した内容が話題になっています。

そうやら彼は凄い執事を使いっているそうです。

その執事さんの名前は『ジャービス(Jarvis)』

その執事さんの説明がこちら。

ザッカーバーグさんの家族思いは以前からも話題だったんですが、それでも多忙のためなかなか家族に割ける時間が少なくなってしまう。ということで今年は「家庭を切り盛りする手伝いをしてくれるAIアシスタントの開発」を個人的な目標に掲げていた。そして、多忙な合間をぬって100時間を費やし、ついにそんなAI執事が完成した。

アレ!? AIで執事で名前がジャービス!?

それってアイアンマンじゃね??

まさかあの映画に出てくるAIを実現させるとは・・・

しかも100時間できるのかよ(笑)

さすが天才ですね!

マークザッカーバーグさんのAI『ジャービス』とは??

そもそも名前のジャービスとは、
やっぱり映画アイアンマンからいただいたみたいですね。

出典:
ジャービスには自然言語処理機能と音声認識、顔認証機能が搭載されていて、音声や文字による命令が理解できるほか、命令を出した人物を認識することもできるそうです。さらにAIによる「強化学習」で、自分自身で学習できるようにもなっています。

超すごそうなシステム。

さらに実際に使っているジャービスの動画は次のページで!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。