直虎≠次郎法師

出典:平成28年(2016年)12月、京都市の井伊美術館の井伊達夫館長が、通説とは異なり、「井伊直虎」は女性(次郎法師)ではなく別人の男性であった可能性を示す史料が新たに確認されたと発表した。それによると、「井伊直虎」とは今川氏家臣関口氏経の息子(次郎法師の母方の従兄弟にあたる人物)を井伊次郎と名乗らせて当主としたものであり、井伊直盛の娘である次郎法師とは別人であるという。
発見された史料は、享保20年(1735年)に編集された「守安公書記」(全12冊)で、その中の「雑秘説写記」という史料に、寛永17年(1640年)に新野親矩(関口氏経の兄弟)の孫で井伊家家老を務めた木俣守安が聞き書きした記録などが収められていた。井伊館長が約50年前に骨董品店で入手した史料の中にあり、取材をきっかけに読み返したところ「井伊次郎」の記述を見つけたという。史料内では今川氏真の配下にあった井伊家について記されており、井伊谷の領地が新野親矩(井伊直盛の義兄弟にあたる)の甥で、先述の関口氏経の子である井伊次郎に与えられたとの記述があり、これが別人説の根拠とされる。一方で同史料中の記述は「井伊次郎」に留まり、「直虎」の文字は見当たらなかったという。

https://youtu.be/s8-ZSx1qx-o

ネットでは、

・昨年末に「井伊直虎、男だった資料発見」的ニュースあったが、このタイミングで冷や水ブッ掛けるような真似よぅしよるな、て思った。
・年末に、大爆弾発見のあった井伊直虎…男だったんだよね。
・だとすると「井伊直虎は男だった?」じゃなくて「井伊直虎は別人だった?」が正しい(;´Д`)男か女かはそもそも論点ではない
・井伊直虎さんが実は別の男の人だった説があるので、いっそのこと井伊直虎は二人いたとか、なんなら中身が入れ替わってるくらいの設定はどうだろうか。

など多くの意見が挙がっていました。

直前でこんなこと言わなくてもいいのに。

と思う気持ちもありますが、

上杉謙信は女性説もあるので
その説が必ずしも真実ではないですよね!

今年の大河ドラマと大いに楽しめそうです!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。