今、とあるハリウッド映画の撮影方法がものすごく批判されています。

映画や撮影する作品というものには、役者が必要不可欠です。

でも、その役者が人間とは限りませんよね。

例えば・・・

こちらのソフトバンクのCMには
『お父さん役』として犬が出演しています。

それにこちらには、

犬だけでなくサルやキジも出演しています。

このように、映像作品には人間以外が出ることがあります。

しかし、人間なら言う事を理解できますが、動物には理解できるのでしょうか??

水を嫌がるワンちゃんを無理やり濁流に入れた!?

これは、2017年1月27日公開のハリウッドの映画。

『A Dog’s Purpose 』

この映画には、多くのワンちゃんが出てくるのですが、
そのワンちゃんを強引に濁流に入れたように見えたことで、批判の声が上がっています。

それがこちらのワンちゃん。

確かに嫌がっているようにも見えますね。

この濁流は人工的なもので、
8つの巨大なモーターを使って安全に作られた物だそうです。

でも、そんなことはワンチャンには関係ありません。

犬でも嫌なものは嫌なんです!

必死に抵抗するワンちゃんを水に入れようとするトレーナーさんですが、

全くいう事を聞きません。

ここでトレーナーさんは”持ち上げて入れる”という最終手段を取ろうとします。

ゆっくり持ち上げて、ワンちゃんの足から濁流に入れていきます。

しかしこの後、ワンちゃんにとってもスタッフにとっても最悪の展開に!!

可哀想すぎるワンちゃんの実際の動画は次のページで!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。