雪山で起きた最悪の瞬間とは!?

登山家は死ぬ覚悟をもって山に登っています。

でも、絶対死にたくはないはずです!

だからこそ、最も安全な道を選ぶのです。

しかし、登山家が選んだ道が
時に間違えていることもあります。

そのことを証明してくれた映像が海外で撮影されました。

この険しい崖をのぼる一人の登山家。

どうやら道がなくなってしまったらしく、
仕方なく氷の柱にアイゼンを突き刺します。

そして、

もう片方の足もかけます。

あっという間に・・・

もう氷の柱をのぼってます。

さすが登山家!!

のぼれそうなら崖だろうが氷だろうが
サクサク行けるてことですね!

と思った次の瞬間

息が止まるような衝撃の瞬間が!!

実際の映像は次のページで!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。