1月から2月にかけてピークを迎える『インフルエンザ』


現代でも死に至る可能性もあるインフルは、
毎年推定1000万人もの人間がかかっていて、ざっと計算すると
日本人の10人に1人は感染しているということです。

そんなインフルエンザのせいで今年は、
もうすでに休校になっている学校が多くあるそうです。

しかし、「僕(私)、インフルにかかったことない」
なんていう人もいますよね??

インフルにかかる人とかからない人の違いは何なのか。

その違いは・・・

なんと口にありました。

そもそもインフルエンザとは、

出典:
インフルエンザウイルスによって引き起こされる急性感染症。
多くは上気道炎症状・呼吸器疾患を伴うことで流行性感冒(りゅうこうせいかんぼう)、
詰めて流感(りゅうかん)と言われる。
感染経路は咳やくしゃみなどによる飛沫感染が主と言われている。
一般的には経口・経鼻で呼吸器系に感染する。


インフルにかかった人が咳やくしゃみをして、
それを口や鼻から吸い込んだ人もインフルに感染する
というわけです。

だからお口をキレイにしなければいけないんですね。

でも、皆さん毎日歯を磨いていますよね??

では、なぜお口をキレイにしているのに
インフルエンザにかかるのでしょうか。

その謎は・・・

歯ではなく、口の中にある“他の物”が原因だったのです。

インフルにかかる原因の物の正体は次のページで!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。