空気のなくなったタイヤが招いた爆笑の事故とは!?

車を動かすには、タイヤが必要ですが、
タイヤを動かすには空気が必要ですよね。

タイヤの空気が漏れていたり、なくなってしまうことはよくありますが、

空気を入れすぎたことって意外とないのでは??

空気がないタイヤは動かなくなってしまいますが、
入りすぎたタイヤはどうなるのでしょうか。

そんな疑問とは無関係のところで、答えを発見してしまいました。

何かの作業に没頭する男性。

その近くには、超でかいタイヤがあります。

すると男性はタイヤに空気を入れだします。

おそらくこの男性は普段からタイヤに空気を入れる機会があるのでしょう。

『毎度おなじみ』みたいな表情でタイヤを見つめています。

しかしこの後、その余裕があだとなる結果に!!

タイヤが男性を襲う笑劇の動画は次のページへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。